石見銀山世界遺産登録おめでとう献立

このほど、世界遺産に登録された石見銀山がある大田市では「世界遺産登録おめでとう献立」を実施され、お祝いをされました。
当日の校内放送の模様も併せてお知らせします。

石見銀山世界遺産登録おめでとう献立

  1. たきこみごはん
  2. いも代官コロッケ
  3. ボイルキャベツ
  4. 丁銀をさがせ「すまし汁」
  5. 梅ゼリー
  6. 牛乳

当日の校内放送

みなさんこんにちは。
みなさんも知っているとおり、7月2日「石見銀山」が正式(せいしき)に世界(せかい)遺産(いさん)に登(とう)録(ろく)されましたね。
給食でも、お祝(いわ)いの気持ちをこめて、今日、「世界(せかい)遺産(いさん)登録(とうろく)おめでとう献立」にしました。
銀山になじみの深い材料や、地元(じもと)でとれる魚などを使った献立です。
石見銀山と言えば、みなさんは何を思い浮(う)かべますか?
「さつまいも」を持ち帰った「いも代官(だいかん)、井戸(いど)平(へい)左(ざ)衛門(えもん)」に「梅(うめ)」、
そしてもちろん「銀(ぎん)」ですね。
そこでまず、そのいもにちなんだ「コロッケ」を作りました。
名前は「いも代官コロッケ」です。本当(ほんとう)は「さつまいも」なのですが、きょうは、今が一番おいしい「旬(しゅん)」の「じゃがいも」を使っています。
さて、汁のおわんの中にはいつもと同じ「すまし汁」が入っています。
よ~くさがして見ましょう。
その中から「丁(ちょう)銀(ぎん)」の形をしたかまぼこが見つかった人はラッキー!
このかまぼこは、地元でとれた魚で作ったものです。
そして、デザート。 銀山といえば「梅」ですね。
どうして「梅」がたくさん植えられていたのでしょう。
遠く江戸時代、銀を掘(ほ)る時、細(こま)かな銀や岩(いわ)の粉(こな)を吸(す)い込(こ)んで、多くの人が鉱山病(こうざんびょう)にかかりました。そこで考えられたのが、梅をすりつぶしたものを布(ぬの)にはさんで、口にあてることだったのです。
梅の持つ酢(す)の力で、粉(こな)やけむりをよせつけず、体の中に悪いものが入らないようにしたのです。
梅は、鉱山(こうざん)で働く人の体を守る、大切なものだったのですね。
そこでゼリーは、梅を使った「梅ゼリー」です。
今日の給食で、銀山の香(かお)りを感じてもらえたでしょうか?
私たちの大切(たいせつ)な遺産(いさん)、しっかり守って行きたいものですね。

給食の様子

給食の様子

調理の様子

給食の様子